理念

1.運動部員としての誇りを持ち、部活動を通して、スポーツ本来の価値を認識し、広める。
2.参加者の中からトップアスリート、トップ指導者を生み出すキッカケの場とする。

ドリームパワーキャンプの説明

ドリームパワーキャンプとは??

中学、高校教師の有志を中心に運営している、日本では例を見ない、中学、高校運動部員、指導者、保護者を対象とした異種目合同メンタルセミナーです。

ここでは、「夢」を持つことの大切さ、「楽しむ」ことの本当の意味、「感謝」を諦めない力にする方法など様々なメンタルメソッドを学ぶことができます。

セミナーの中では、その年のテーマに沿ったチームでの取り組みや思いのプレゼンを行ったり、全員席替えにより他校、他チーム、他種目の選手と、テーマについて発表しあうことで、発見や気づきが生まれます。

ここに参加した多くの選手が、人生観の変わる刺激を受けて帰っていきます。

また、参加メンバーから全国大会初出場するなど、大きな結果を出すチームも年々増えています。

メイン講師挨拶

私は仕事柄、全国のスポーツチーム・選手の夢のサポートをさせてもらっていますが、現場を見て感じること。それは日本のスポーツ、とりわけ学校の部活動は、勝敗の価値観の占める部分が非常に大きく、それ以外の部分の価値が過小評価されています。


スポーツの価値そのものを子供たちに気付かせていないため、部活をやらずに遊びの話をしている生徒の方が青春を謳歌していると映り、運動部の生徒がその生徒を羨ましがってしまうという現実があります。それが、今や全国にまで広がっています。
その間違った現実は変えていかないといけない。


運動部に3年間所属し、最終的にレギュラーを獲得が出来なかった、全国出場という目標が達成できなかったとしても、目標に向かってプラス思考でチャレンジし続けたのであれば、その後の受験や社会を勝ち抜いていける力は十分に獲得できています。


実際、学校の核となる運動部の生徒が変わる事で、難しいと言われていた学校改革が簡単に推し進められたという実例が幾つもあります。


人生を生き抜く上で、自信と誇りの持てる事をやっているんだと気付かせることが出来るのが、このドリームパワーキャンプです。


「ドリームパワーキャンプが、スポーツの価値を高め、日本のスポーツを文化とするきっかけになる!」という実行委員の先生方の思い。当初は「少し大げさかな?」と思っていましたが、今やそれは近い将来の現実になることを確信しています。




株式会社サンリ 取締役
能力開発研究室 室長
臼井 博文

総括挨拶

統括挨拶 初めまして。平成26年度より3年間に渡って統括を務めた野田淳司(神奈川県立秦野総合高校)に代わり、内藤英伍(静岡県立富士宮北高校)が新統括として運営にあたらせて頂くこととなりました。 私は、ドリパワキャンプで人生を変えてもらいました。ドリパワキャンプに初めて参加させてもらってから、一気に人生が充実し始めました。それは、脳の仕組みや夢の実現に関する自分自身の学びが深まったこと、引率してともに参加した生徒の変化から高校生の無限の可能性を知ったこと、そして何より、人生を変えてくれる人々との出逢いがあったこと。 いち参加顧問から、実行委員にくわわらせて頂いたことで、それまでの人生の数倍の加速度で、魅力的な人々とつながりを持つことができるようになりました。参加生徒にとっても、ドリパワキャンプとの出逢いが、人生をより充実させるものとなることを確信しております。 これまでの過去10年間に渡り、ドリパワキャンプに御参加頂いた皆様の声を大切にし、今後ともさらに求められる活動として成長していきたいと思っております。このドリパワキャンプが、社会にとって、高校生にとって価値の高い活動であるとの認識を持たせて頂き、今後とも発展的に開催を続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します。



ドリームパワーキャンプ実行委員会 統括
内藤英伍


沿革・歴史

2006年

御殿場の国立中央青少年交流の家の事業で、宿泊あり、正しく「キャンプ」形式の1泊2日セミナーとして、当初30人で開催の予定が、なんと10倍の300人の動員でスタート!

2007年

同施設事業として第2回目開催。

2008年

第3回。同施設の手を離れ、参加チーム監督たちをメインに組織された、実行委員による運営で実施。

2009年

第4回。500名を超える動員数。国立中央青少年交流の家講堂、満員御礼!

2010年

第5回。この年は、新型インフルエンザの大流行(汗)。参加者の安全を考慮して、宿泊ありの合宿セミナーを自粛し、ワンデイセミナーとして開催。会場も、富士市の富士市文化会館ロゼシアターに移動。ロゼシアターでの初年度は、中ホールを使用。動員数600人。

2011年

第6回。前年同様、ロゼシアター中ホールのつもりが、大ホールしか空いておらず、、、チャ、チャンスとばかりに、動員人数拡大し、大ホールで開催。動員数800人♪

2012年

第7回。一度大ホールにしたら、マイナーチェンジはありえませんと、この年も大ホールでの実施を決意。800人で開催の予定が、前年の2割増し、図らずして1000人動員!

2013年

第8回。大ホールは当たり前!なんと☆前年を上回る3割増しで、動員1300人に達する。

2013年8月

「第1回ドリームパワーキャンプ夏の陣」を開催。
これまで、年に1回、メイン講師+臼井博文氏とゲスト講師とのコラボ講演として冬季のみの開催でしたが、「どちらの講演ももっと聴きたい」という参加者みなさんのご要望にお応えし、臼井氏をコーディネーターに、ゲスト講師メインの講演会を「夏の陣」として、初開催いたしました。ロゼシアター中ホール、満員御礼<(_ _)>

2014年

第9回。これまでのメイン講師とゲスト講師とのコラボ講演から、ゲスト講師のみの講演を「夏の陣」として独立させ、新しい取り組みとして、ドリームパワーキャンプ出身で高校を卒業後活躍しているOB/OGを迎え、パネルディスカッションを行った。
コーディネーターは、メイン講師の臼井博文氏。パネラーとして、ガールズ競輪:杉沢毛伊子選手(沼津市立沼津高校女 子バスケットボール部)・飛込競技ユニバーシアード日本代表:萩田拓馬選手(静岡県水泳連盟飛込競技選抜)・アルティメットU-23日本代表:石川ゆうき 選手(静岡県立静岡東高校野球部)・静岡県学生ボランティア団体「うちっち」代表:宇田哲也氏(静岡県立榛原高校野球部)

2015年2月

第10回。臼井講師メインのワークショップ型のセミナー。ゲストに、ご自身も県代表としてSBT講習を受け、ドリームパワーキャンプにも参加されていた、日本大学1年飛込競技大塚千誠(ちあき)選手。高校時代は3冠を獲得する圧倒的な強さで、「東京オリンピックの星」としても注目される選手です。

2015年9月

「ドリームパワーキャンプ2015秋の陣〜可能性〜」を、裾野市市民文化センターにて開催。講師は、居酒屋「てっぺん」代表大嶋啓介氏。 てっぺんで実施されている「本気の朝礼」は、ビジネスだけでなく多くの運動部でも取り入れられ、甲子園出場を始めとするさまざまな好成績を上げる実績があり、そのメソッドの一つ「本気のジャンケン」で大変盛り上がりました。

2015年9月

慣れ親しんだ「ドリームパワーキャンプ」の名称を、「ドリームパワーキャンプ」と改名。

2016年2月

「第一回ドリームパワーキャンプ」を「ドリームパワーキャンプ2016冬の陣〜可能性〜」として開催。臼井博文講師による「夢実現の法則」は、参加者の目をより輝かせる講義でした。

2017年2月

「ドリームパワーキャンプ冬の陣〜本氣〜」を開催しました。 今年度は「原点回帰」。2006年開催した場所「御殿場の国立中央青少年交流の家」で、当時と同じ1泊2日の合宿形式。学びも交流も、より深まる、刺激多き2日間でした。

実行委員紹介

<神奈川県>

神奈川県立秦野総合高等学校 野球部
野田 淳司
神奈川県立相模田名高等学校 野球部
剱持 昌宏
神奈川県立新羽高等学校 柔道部
三好 明広
神奈川県立寒川高等学校 野球部
牧島 一成

<事務局>

高木 美賀
城  智香
米倉 ゆかり
石原 麻衣
高橋 郁江

<静岡県>

静岡県立富士東高等学校 女子テニス部
大平 和俊
静岡県立吉原工業高等学校 野球部
大勝 良則
静岡県立韮山高等学校
小雀 浩一郎
静岡県立吉原高校 英語部
上田 里美
富士市立大渕中学校 女子バレーボール部
佐藤 文紀
静岡県立池新田高等学校 野球部
杉村 純哉
静岡県立富士宮北高等学校 野球部
内藤 英伍
桐陽高校 野球部
山本 智也
静岡県立吉原工業高等学校 総合文化部
齋藤 健
静岡県立池新田高等学校 テニス部
白田 奈々恵
静岡県立横須賀高等学校 女子バレーボール部
菊池 奈々恵